スポンサーサイト

2015.06.04 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    冬場の洗車に便利なグッズ

    2011.12.21 Wednesday

    0
      冬の寒い時期は洗車が大変です。



      愛車精神旺盛の方は寒さなんぞへいちゃらだと思いますが、それでも冬の洗車は手の感覚が無くなる程冷たいものです。



      そんな時に活躍してくれるのが洗車用の自動泡立機です。



      百聞は一見に如かず、先ずは動画をご覧下さい。







      如何でしょうか?



      気になる方はこちらをご覧下さい。

      冬場の洗車に便利なグッズ

      2011.12.21 Wednesday

      0
        冬の寒い時期は洗車が大変です。

        愛車精神旺盛の方は寒さなんぞへいちゃらだと思いますが、それでも冬の洗車は手の感覚が無くなる程冷たいものです。

        そんな時に活躍してくれるのが洗車用の自動泡立機です。

        百聞は一見に如かず、先ずは動画をご覧下さい。



        如何でしょうか?

        気になる方はこちらをご覧下さい。

        洗車の際のクロスの使い分け(その2)

        2011.08.23 Tuesday

        0
          洗車の際のクロスの使い分けの第2弾は拭き上げ用クロスと仕上げ用クロスに関してです。



          ボディに付いた水分を拭き取るには何と言っても吸水性の良い物を使用する事ですが、残念ながらボディ洗い(洗車用)には適しているクロスは水分の拭き取りには適していないものが殆どです。



          何故、吸水性の良いものが適しているかと言えば、理由は簡単、

          「出来るだけ何度もこすらないようにするため」

          です。



          洗車した後だからと言って拭き上げのために何度もこすっていると知らず知らずの内に微細なこすり傷がついてしまいます。



          洗車の際の洗い方と拭き上げ方が上手くないといわゆる「洗車傷」がついてしまいます。

          特に濃色車で太陽光線が当たると渦を巻いて見えるのがこれで、洗車等殆どしない車の方が渦が少ないのが現実です。



          ですから出来るだけ1回こすったたけで水分を吸収してくれるクロスを使用することが重要である事はお分かりになるかと思います。



          特に大判の吸水クロスをボディに広げて手前に引くようにすると1回で水分が取れます。

          この方法は目からウロコだと思います。





          最後に仕上げ用のクロス、



          吸水性の良いクロスで大方水分を取ったら仕上げには目の細かいクロスで窓の拭き筋等を取ります。

          乾いたマイクロファイバークロスでも良いですし、前々回のブログでご紹介したスエードクロスでも良いでしょう。



          以上、2回に渡ってご説明したクロスの使用方法で洗車の腕を上げて下さい。



          ■吸水性の良いクロス、詳細はこちらです。

          洗車の際のクロスの使い分け(その2)

          2011.08.23 Tuesday

          0
            洗車の際のクロスの使い分けの第2弾は拭き上げ用クロスと仕上げ用クロスに関してです。

            ボディに付いた水分を拭き取るには何と言っても吸水性の良い物を使用する事ですが、残念ながらボディ洗い(洗車用)には適しているクロスは水分の拭き取りには適していないものが殆どです。

            何故、吸水性の良いものが適しているかと言えば、理由は簡単、
            「出来るだけ何度もこすらないようにするため」
            です。

            洗車した後だからと言って拭き上げのために何度もこすっていると知らず知らずの内に微細なこすり傷がついてしまいます。

            洗車の際の洗い方と拭き上げ方が上手くないといわゆる「洗車傷」がついてしまいます。
            特に濃色車で太陽光線が当たると渦を巻いて見えるのがこれで、洗車等殆どしない車の方が渦が少ないのが現実です。

            ですから出来るだけ1回こすったたけで水分を吸収してくれるクロスを使用することが重要である事はお分かりになるかと思います。

            特に大判の吸水クロスをボディに広げて手前に引くようにすると1回で水分が取れます。
            この方法は目からウロコだと思います。


            最後に仕上げ用のクロス、

            吸水性の良いクロスで大方水分を取ったら仕上げには目の細かいクロスで窓の拭き筋等を取ります。
            乾いたマイクロファイバークロスでも良いですし、前々回のブログでご紹介したスエードクロスでも良いでしょう。

            以上、2回に渡ってご説明したクロスの使用方法で洗車の腕を上げて下さい。

            ■吸水性の良いクロス、詳細はこちらです。

            洗車の際のクロスの使い分け(その1)

            2011.08.22 Monday

            0
              洗車の際に使用するクロスは用途に応じて分けたいものです。



              一枚で全てを行うのは経済的かつ効率的かもしれませんがそれでは素人の洗車になってしまいます。



              洗車上手になるにはクロスは3種類の計5枚は必要です。



              1、洗車用(3枚)

              2、拭き上げ用(1枚)

              3、仕上げ用(1枚)



              洗車用3枚は洗う場所によって使い分けます。

              A、ボンネット、ルーフ、トランク等の上面とドアの中程より上面

              B、ドアの中程より下側

              C、ホイール&タイヤ



              3つに分けている理由は埃や泥のつき方の違いですがCが一番汚れるのはご承知の事と思います。



              Aの部分を洗って、そのクロスを濯いで再度Bの部分を洗うのであればA、Bのクロスは一枚でも構いませんが、一気に洗ってしまうのであれば2枚は用意したいものです。



              Aのクロスは出来るだけ素材の柔らかい新品のもの、BのクロスはAのお下がり、CのクロスはBのお下がりと言った感じで良いと思います。



              特に何度も使っていると素材がゴワゴワになってボディに傷が付きやすくなりますので、特にAの部分を洗うクロスは2〜3ケ月毎には新品に変えたいものです。



              洗車用のクロスとして最適なのはマイクロファイバークロスかフリースクロスで素材が柔らかく洗車の際に傷を付けにくいのが特徴で、中でもシャンプーの泡持ちが良いのはフリースクロスです。



              使い方としてはクロスに直接、シャンプーの原液を付けて水で濡らしたボディを洗います。



              この洗い方はちょっと病み付きになると思いますので一度お試し下さい。



              ■フリースクロスの詳しい説明はこちらです。





              ■マイクロファイバークロスの詳しい説明はこちらです。




              洗車の際のクロスの使い分け(その1)

              2011.08.22 Monday

              0
                洗車の際に使用するクロスは用途に応じて分けたいものです。

                一枚で全てを行うのは経済的かつ効率的かもしれませんがそれでは素人の洗車になってしまいます。

                洗車上手になるにはクロスは3種類の計5枚は必要です。

                1、洗車用(3枚)
                2、拭き上げ用(1枚)
                3、仕上げ用(1枚)

                洗車用3枚は洗う場所によって使い分けます。
                A、ボンネット、ルーフ、トランク等の上面とドアの中程より上面
                B、ドアの中程より下側
                C、ホイール&タイヤ

                3つに分けている理由は埃や泥のつき方の違いですがCが一番汚れるのはご承知の事と思います。

                Aの部分を洗って、そのクロスを濯いで再度Bの部分を洗うのであればA、Bのクロスは一枚でも構いませんが、一気に洗ってしまうのであれば2枚は用意したいものです。

                Aのクロスは出来るだけ素材の柔らかい新品のもの、BのクロスはAのお下がり、CのクロスはBのお下がりと言った感じで良いと思います。

                特に何度も使っていると素材がゴワゴワになってボディに傷が付きやすくなりますので、特にAの部分を洗うクロスは2〜3ケ月毎には新品に変えたいものです。

                洗車用のクロスとして最適なのはマイクロファイバークロスかフリースクロスで素材が柔らかく洗車の際に傷を付けにくいのが特徴で、中でもシャンプーの泡持ちが良いのはフリースクロスです。

                使い方としてはクロスに直接、シャンプーの原液を付けて水で濡らしたボディを洗います。

                この洗い方はちょっと病み付きになると思いますので一度お試し下さい。

                ■フリースクロスの詳しい説明はこちらです。


                ■マイクロファイバークロスの詳しい説明はこちらです。


                1