スポンサーサイト

2015.06.04 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    濃色車のシミ対策

    2013.09.30 Monday

    0
      シミが付く原因は様々です。

      特に濃色車のオーナーはメンテナンスに苦労されていると思います。

      今日は納車したての車に施工したボディコーティングについてしまったシミのご相談です。


      【 千葉県 D. H様、愛車/2013年式 スバルレガシー 濃紺パール 】

      スバルレガシー

      お世話になります。
      先ほどご連絡した■■です。
      写真を添付しますのでご確認ください。

      ボディに出来たイオンデポジット

      状況は下記の通り。
      車種:スバルレガシィ、2013年9月納車(新車)濃紺パール塗装。 

      9/14 新車で汚れないため、脱脂のみ実施してエシュロンCS1塗布、ふき取り。
          そのときはまったく問題なく、ツルピカ状態。
      9/18 雨の中を走行、その後ガレージ(屋根付き)に保管。
          雨をふき取らず、雨滴の汚れはそのまま放置。

      9/28  シャンプー洗車。汚れはとれたが、リング状の痕跡が残る。ボンネット等に多い。
          (写真で白く形跡が見えるのがそれです。)

      以下を教えてください。
      ・リング痕跡をきれいにする方法。
        (こういうのを見つけましたが?)
        http://www.pcs-net.jp/product/4

      ・エシュロンCS1はまだビンに1/3程度残っている。
        綺麗にした後に再塗布してよいか?
       
      ・今後再発防ぐための注意点。

      よろしくお願いします。  


      【 店 長 】

      先日は当ショップをご利用頂き、誠に有難う
      ございました。

      写真を拝見しましたが、間違い無くイオンデポジットですが、形が扁平状ですので、
      エシュロンCS-1の本来の撥水をしていたと思われます。

      推測される理由としては
      1、雨に振られた後に、強い日差しに当たっていないのであれば、雨の成分にミネラル分多く含まれていたため。
      (井戸水で洗車をした後で、拭き取らないとこのようになります)

      2、イオンデポジットがボンネットに多く見られると言う状況から、ガレージに止める前に軽く雨に降られて、熱い状態のままのポンネットで水滴が急速に乾いたため。
      (多分、雨ざらしのままの方がイオンデポジットがつかなかったと思います)

      以上が考えられます。

      対策としては当方の扱っている
      1、メンテナンスコンディショナー
      2、メンテナンスクリーナー

      3、ウオータースポットリムーバー

      の何れか(特に2もしくは3)であれば、綺麗になると思います。
      ※ 他社製品に関しては使用した事が無いためコメント出来ません。

      なお、綺麗にした後は再度CS-1を施工しても構いません。

      また今後に関してですが、雨に振られた後にガレージに入れた際は水分をさっと拭き取るようにした方が良いでしょう。

      残念ながら濃色系は淡色系に比較して、どうしてもシミや傷が目立ちやすいのは致し方無い事ですので、マメにメンテナンスするしかありません。

      以上、宜しくお願い致します。

      スポンサーサイト

      2015.06.04 Thursday

      0
        コメント
        連絡ありがとうございます。

        よくわかりました。
        とりあえずご紹介いただいたウォータースポットリムーバーを購入して、除去をやって見ます。
        • by D.H
        • 2013/09/30 2:43 PM
        コメントする