スポンサーサイト

2015.06.04 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    黒いボディへのコーティングのポイント(その3)

    2014.06.27 Friday

    0
      今回も引き続き黒いボディのコーティングのメールサポートの第3編をご紹介します。

      【 埼玉県 S.K様 愛車/2007年式 メルセデスベンツ CL550 黒 】

      今回、先日お話しした通りやはりボンネットの傷がかなり目立つので、ボンネットのみ再度磨きを行いエシュロンを再施工しようと考えております。

      その際バフで研磨を行い綺麗にした後エシュロンを塗る際一度洗って研磨剤を落とし付属の透明な脱脂材を使い施工した方がよろしいのでしょうか?

      実は前回の施工にあたり納車と同時に磨きのみ業者にやってもらい一日経ってから施工したので施工前に御社のシャンプーで洗い、脱脂したのちエシュロンを施工したので、その時に傷が付きその上にコーティングをしたものと思います・・・

      今回初めて磨きも自分で行いますので少しご伝授願います。

      よろしくお願いします。


      【 店長 】

      ご連絡頂きました件ですが、基本的には磨いた後は脱脂クリーナーでコンパウンドの油分を取るだけで、洗車はしません。
      (洗車してはダメとは言いませんが、余計な傷がつくので当方ではしません)

      なお参考までに
      コーティングのやり方に関してはガラスコーティングの方法を参考にして下さい。


      またポリッシャーで磨く場合はポリッシャーで車磨きをする方法を参考にして下さい。


      以上、宜しくお願い致します。

      スポンサーサイト

      2015.06.04 Thursday

      0
        コメント
        コメントする